« 10年後の問題その3 | トップページ | ≪ヒルズダイエット≫ヒルズダイエット≪パステルゼリー≫の味 »

2020年6月28日 (日)

10年後の問題その4

では、10年後の2020年問題に向けて、我々はどう努力したら良いのだろうか。
地球の限りあるエネルギー資源を、将来にできる限り残せるように、肝心に使用するしかないだろう。
自身の子供たち、孫たちが将来、酷い(ひどい)環境で暮らす事をつよいられるのは忍びないだろう。

例を挙げると、太陽光発電を活用したり、エコカーに乗ったり、各家庭で出きる事も沢山あるとおもう。
ゴミを削減する事も、使用できる資源をリサイクルに回す事も、肝心である。
地球のエネルギー資源を肝心にする為には、1人1人が出きる事をする事が良いとおもう。
勿論企業、政府等その為に大きな組織も動作しているだろう。
地球上の全人類がこのような気持ちで行動出きたら良いのであるが、残念ながらそうじゃないようである。

日本ではエコロジーの事は広く認識されている。
学校でもこのような事を教えてくれたり、地域でもエコロジーの活動は有る。
我々日本人は企業のキャンペーンやテレビコマーシャル等、多種多様な情報を得る事が出きる。
そして限りのある地球の資源を肝心にしなければならないと云う事が、1人1人の心に刻み込まれるのである。

であるが、開発途上国ではこのような教えは実行されていないところがおおく、このような環境問題を深刻におもってない人が少なくないそうである。
地球の資源が尽きる事は、先進国も発展途上国も関係なく、人類にとっての死活問題であるためす。

先進国だけではなく、世界中の人間が地球のエネルギーを大事に思わなければ、10年後の2020年問題は残念ながら敬遠されないのだと私はおもう。
であるから、世界中の全部の人間が、地球のエネルギーがなくなると云う事実を気付いていなければならない。
その方法が問われているのだとおもう。




[PR]
  • ミッシーボーテのコースの時間と料金
  • ヤフービューティーとクレンジングオイル、美容室、コスメやダイエット
  • シールを使用したシンプルな押し花ネイルの作り方
  • 化粧品原料の基準値や成分
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京の会社概要やプロミネンス、ビアガーデン

  • « 10年後の問題その3 | トップページ | ≪ヒルズダイエット≫ヒルズダイエット≪パステルゼリー≫の味 »