« 10年後の東京その2 | トップページ | 10年後の東京その4 »

2020年6月22日 (月)

10年後の東京その3

東京都の考慮する「10年後の東京」には、365日24時間安心出きる医療システムが目標の一つとされている。
現状では、救急車で搬送中に受け入れてくれる病院が見つからず、他界してしまうと云ったケースが多発しているようである。
救急車で搬送されている患者側からしてみれば、一刻も早く診て欲しい気持ちが有る。

であるが、病院側からしてみれば、どうだろうか?
対応しきれない患者を診ても、また更に他の病院に搬送しなければならなくなり、その分、命が危険にさらされる事に成る。
こういった具合に受け入れを断る事も、病院にはそれなりの理由があるのだろうが、一般人には把握できる事ができない事である。
また、手遅れで他界してしまったケースの場合、訴訟になったり、病院側が責められたりする事もあるのだろう。

病院のたらいまわしで、患者が他界するケースがこれから、おきない為にも、東京都が日本中に発信しようとしているこのシステムは早く起動させて欲しいのである。
もし、日本中がこのようなシステムを導入したら、365日24時間、ずっと落ち着いて暮らせる国に成るだろう。

他にも東京都が推進している事が有る。
医療面では10年後までに、周産期医療緊急対策の実施や、5つのがんにかんして、検診検診率を5割に飛躍的に向上させると云う目標も有る。
日本人に少なくないと云われているがん、胃がん、肺がん、そして大腸がんや子宮がん、乳がんがそれに相当する。
このようながんの無料検診は自治体で行ってるから、その検診率をアップさせるのも自治体の大事な仕事である。




[PR]
  • ネイルサロンを池袋で探す!
  • プロピア ヘアコンタクトの効果と特徴、値段など
  • 結婚式、女性と男性(メンズ)に役立つヘアースタイルカタログ
  • ヘアースタイルメンズ版のカラーや最新トレンド、パーマやショート
  • まつげパーマ液の人気商材と薬事法

  • « 10年後の東京その2 | トップページ | 10年後の東京その4 »