« 猫 しつけ・・・猫のトイレのしつけについて | トップページ | 猫 しつけ・・・猫の叱り方、誉め方について »

2020年6月15日 (月)

猫 しつけ・・・猫のしつけに対する考え方について

よく犬と猫を比較して、犬は云う事を聴くのに猫は聴かないと云う事を云う人がいるがこれは大きな誤解である。
猫は自身で決断する動物であるので、学習能力もあるし知能が低いわけでは決してないのだ。


犬と云うのは本来群れを作成して生活しているので、リーダーの指示に従うと云う習性がある為にしつけやすいのであるが、猫は野生時代、単独で生活を送ってきている。
であるので自身の身を守る為に自身で決断すると云う習性があるのである。
だから誰かの指示に従うと云う必要が無い為にこういった現象がおきているのじゃないかとおもう。
猫も教えれば犬のようにお手やお座り等出きるとおもうが、元来おぼえる必要が無いものであるのでおぼえようとしないだけだとおもう。


猫に対しては[しつけ]と云うものの[命令]と云うイメージではなく[提案]と云う考え方のほうが良いとおもう。
しかし、同じ家で生活していくのであるからあるレベルのマナーと云うかしつけと云うのは必要である。
であるから、犬と同じように人間のルールを押し付けてコントロールすると云うやり方ではなくて、猫も飼い主も心地よく暮らせるようにお互いのルールつくりをしてそれを守ると云う事が肝心に成る。

トイレをキッチリと決定した場所であるるようにする、爪も決定した場所で研ぐようにする等猫に対して提案をするようにしよう。


このようなしつけは子猫の時期から行ったほうがより効率的である、その方が早くおぼえてくれる。
成猫でも根気よくしつければ大丈夫であるので焦らずにゆっくり構えて取り組むようにしよう。





[PR]
  • NTTのプロバイダOCNのインターネットサービス
  • ヤフーADSLのプラン・IPフォン・キャンペーン等
  • 2台のパソコンをネットワークで接続しファイル共有する
  • ツカサのウィークリーSNSの機能と入会条件
  • PSのメモリーカードの種類と価格や購入方法

  • « 猫 しつけ・・・猫のトイレのしつけについて | トップページ | 猫 しつけ・・・猫の叱り方、誉め方について »