« 独身が増大する10年後の日本その2 | トップページ | 二酸化炭素を削減する日本の技術その2 »

2020年6月26日 (金)

二酸化炭素を削減する日本の技術その1

現状、各国とも二酸化炭素の排出量を減らそうと努力している。
日本もどれほど減らせるか、政府も国民も頑張ってるところである。
世界会議でもこうした話のネタはでる為、日本がどれくらい貢献しているかと云う事も、世界の注目を集めている。

日本の閣議決定で「低炭素社会造り行動計画」が発表されている。
また、総合科学技術会議では「環境エネルギー技術革新計画」も公表されている。
それに、経済産業省「Cool・Earth・エネルギー革新技術計画」と云うものを発表している。
その中には二酸化炭素を削減する為には、どんな技術開発をしたら良いのかと云う筋道が示されていると云う事である。
こういった具合にして、10年後、20年後の日本は二酸化炭素の排出量がどんどん減少してくる見通しでいる。

現実にはどんな技術開発かと云うと、例を挙げると、「高速増殖炉サイクル技術」や「バイオマス利活用技術」等である。
あまり一般人は聴かない名前もしくは名称であるが、「高速増殖炉サイクル技術」とは、どんなシステムなのだろうか。
原子炉は皆さん聴いた事が有る。
この原子炉で使用している燃料、これをリサイクルに回すシステムである。
この高速増殖炉でリサイクルされ、くりかえして活用される事で、以前と比較したらずっと経済的に成ると云う事である。
また、環境にも良いと云う原子炉に関係する技術で在り、10年後には実現できなくても、その先、20年後には実用化される見通しである。
また交通面では、「低燃費航空機」や「高効率船舶」、新たな「高度道交通システム」を使用しての交通、物流を効率よくさせる方法等である。




[PR]
  • 個人賠償責任保険と示談交渉、支払い金等
  • アンティークドアと骨董品や金額相場
  • ウィクリーマンションは格安
  • カラーボックスとニトリやアイリスオーヤマの激安通販について
  • ベースパックの基礎となる標準図CADデータの事、価格表と認定書など

  • « 独身が増大する10年後の日本その2 | トップページ | 二酸化炭素を削減する日本の技術その2 »